リモート飲み会が大ブーム!複数でのやり方は?ZOOMかLINEか

インターネット

おうち時間を充実させること、家でできる趣味にはいろいろありますが、いま大ブームなのが「リモート飲み会」。そのやり方とは。




リモート飲み会のやり方

リモート飲み会とは?

スマホやタブレット、パソコンで
友人とオンラインで顔を見ながら
する飲み会のことです。

使用するのは・・・

◆LINE
◆Skype
◆Zoom
など。

LINEは複数が一度に話すと
声が聞きとりにくいという口コミが。

またスカイプ電話を
仕事でよく使っていましたが
ぶちぶち途切れるので不便・・・
と感じたことがあったので
ZOOMがよさそうと思ったのですが、
セキュリティが脆弱という指摘があるので
これはこれで慎重に・・・
という感じですね。

多いのはリモート会議でよく使われるZOOM

最近、脆弱性が指摘され
改善中とのことですが。

1,000人くらいまで
参加できるリモート会議サービス。

Zoom の利用方法

飲み会やろう!
と思った主催者が
パソコンに「ZOOM」を
インストール・
アカウント登録をして

参加者を招待します。

無料プラン・有料プランがありますが
無料プランで3人以上40分まで。

参加者は
主催者から来たメールのURLを
クリックすると

自動的にパソコンにZOOMがインストールされ、

飲み会ルームに入ることができます。

通信量は
1時間しゃべって340MB程度だとか。

 

LINEでリモート飲み会

グループラインのビデオ通話でできます。
音声が聞こえにくい、とか
通信が途切れる・・・などを
考えなければ、
こちらの方が手軽かも。

1
ラインを起動
2
ホームを開いて
3
グループを選び
4
「トーク」を押す
5
「受話器マーク」を押すと
6
「音声電話」
「ビデオ通話」
「LIVE」
が出てくるので「ビデオ通話」を
押すと、スタートできるそうです。
自分でやる場合は
100均で買った
「スマホ立て」に立てて
やろうかな、と思っています。

ただ、
実際には
やってみたことがないので

本当にできるのかどうかは
まだ未検証ですが・・・

ラインのビデオ通話は
1時間307MB程度とのことです。

リモート飲み会のメリット・デメリット

◆リモート飲み会のメリット

遠方の友達とも
同時に話せる。
自宅でできるので
リラックスでき、
実際に会えなくても
コミュニケーションできる。

リモート飲み会のデメリット

終電が、とかがないので
だらだらと長くなりがち。
友人は有料ZOOMで
初リモート飲み会したところ
朝まで盛り上がり、
ヘロヘロ、
ということでした。
マンションとかだと
ひとりごとみたいなのが
朝まで聞こえていることになるので
お隣にもご迷惑ですね。

時間を40分。
とか決めてやるのがよさそうです。

まとめ

リモート飲み会のやり方で多いのは
主催者がZOOMにアカウント作成して
参加者を招待するという方法。

自分はお酒が飲めないので
スマホLINEで数人で
「リモートお茶会」とか
「リモートおやつ大会」とか
やってみたいですね。

いますぐ工事なしでインターネット回線を繋ぐ3つの方法